キス 細菌

キス細菌キスの幻滅する情報について紹介します(笑)
夢を見たい方は今すぐ「戻る」ボタンをクリック!

↓ここから↓
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ここまで進んできた勇士にはキスすることで行き交う細菌情報をご賞味下さい。

結論から言うと、キス1秒する間に約2億個もの細菌が行ったり来たり。
大好きな人の細菌ならいくらでも来いやー!って人がほとんどだと思っておりますが、潔癖症だと無理でしょうね。

ドラマなんかでも美男美女カップルがアツ~イキスシーンを演じてるその瞬間に、何億もの細菌があっちに行ったりこっちに行ったりしてるかと思うと微妙です・・・・

どんなにきれいな人でも、どんなに清潔にしてても、口の中にはたくさんの菌がいます。生きてく上で必要な菌もいるので「細菌=汚いもの」ではないんですが、やっぱり感動も半減(汗)
ただ、赤ちゃんの口内は比較的細菌が少ない状態。とは言っても大人とのキスなどで細菌を移してもらって免疫をつけていくので、必要以上に潔癖になりすぎるのも問題です。

キス・口内細菌についての雑学

・絵本などに登場する黒い虫歯菌を模したキャラクター。あの虫歯菌の学名は「ストレプトコッカス・ミュータンス」だそうです。
・江戸時代はキスのことを「呂の字」と言っていたそうです。
・日本初の英和辞典で「kiss」は「相呂」と掲載されています。
・550回キスすると、体重が1kg減るだけのカロリーを消費するそうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.