テーブルマナー フォークの背にライスは?

最近は知られてきた感のあるマナーですが、今でもおじさんおばさんがフォークの背にライスを載せているのを見かけますが、こんなマナーはありません。言い出したのが誰かもわかってない状況です。

このライスをフォークの背に載せる食べ方は、西洋人が見ると「日本人は器用だ」と感心するそうな。これは明治時代に西洋からテーブルマナーが入ってきた時にイギリス人が教えたとされていますが、そもそもイギリスのテーブルマナー自体が歴史も浅く、不完全なものだったのです。そしてイギリスにはライスを食べる習慣がないので正しい訳がありません。

テーブルマナー豆知識

・スパゲッティーやパスタを食べる時スプーンを使うのは日本人とアメリカ人だけ。
・食事用ナイフの先端が尖ってないのは、ナイフで歯の掃除をするひとが多かったから。
・食後、ナプキンをキレイに折りたたんで置いておくと「超まずかった!」の意味になる。正しくはくしゃくしゃにして置いておくこと。
・スープを飲むときは手前から奥へがイギリス式、奥から手前がフランス式。

テーブルマナー フォーク ライス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.