プロ アマ 違い

プロアマ違い
プロとアマの違いっていろいろな意見がありますね。

よくプロになる目安として1万時間の法則
というものを見かけます。
楽器の練習で例えると、
1日2時間やったら5000日、約14年で、
1日10時間やったら1000日、約3年でプロレベルに。

たしかにこれくらいやってたらプロになれそうですね。
個人的にはこれだけの期間継続できることも
プロの条件な気もします。

ただ、やった内容・質が大事なのは言うまでもありませんね。

質の高い練習をするために必要なのは好きであること。
好きじゃないと傍から見てて頭おかしいんじゃ?
レベルな練習はできないでしょうし続かないと思います。

世の中に天才と呼ばれる人はたくさんいますが、
天才こそ好きな事を継続してやり続けたからそういう評価を得ているわけですし、
結局は努力の塊みたいな人がプロになるんでしょう。

あと結果を出し続けることも大事ですね。
その人がプロかどうか判断するのはあくまでも他人なわけですから。
見た人、関わった人が満足するだけの結果を与えられる人ってとこかな。

なんとなくぼやーっと考えてたことをつらつらと書いちゃいました(笑
結論は人によって様々だと思いますが、
出る杭は打たれやすい日本だからこそプロを目指し、
打たれようがないレベルになりたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.