北海道 地名

江戸時代、北海道含む極北の大地は松前藩の領有地となっていました。そして明治維新後、たくさんお開拓移住民がやってきて各地に集落を作りました。

1869年(明治2年)に開拓使が設置され、それから少しづつ人口が増えてくると、明治15年に「函館県」「札幌県」「根室県」の3つに分割されました。といっても人口がそんなになかったので無駄だという結論に(汗)結局4年後この3県は廃止となり北海道という自治区になりました。

ただあくまでも自治区。実は第二次世界大戦後の昭和22年に都道府県と同格の地方自治体扱いになりました。

北海道にまつわる雑学

・文豪として日本人ならだれでも知ってる夏目漱石。彼は明治25年に北海道へ籍を移しました。その当時、北海道と沖縄だけは徴兵制が免除されていたためなようです。
・住むならどこの都道府県がいいか?というアンケート結果で、今住んでる場所と答えた人が一番多かったのが北海道なんだそうですよ。

北海道 地名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.