富裕層の年収

「日本で億以上の資産を持つ富裕層は上位2%」

と過去いろんな人の話から聞いて勝手に思ってたんですが、

国税庁のデータによると、

上位1%の年収は1500万以上なんだそうです。

 

えぇー?!少なっ!!

 

というのが正直な感想かな。

一応上位1%なので富裕層と呼んでしまってもいいんでしょうけど、

なんかそんな感じしません(汗)

 

ただ、国税庁のデータはよく見ると「給与所得者」というくくりみたいです。

 

となると、

不動産持ってたり、個人事業やってる人の収入は入ってないみたいで。

私の認識「上位2%は億の資産持ち」は間違ってない可能性もまだある、のか?

 

 

ちらっと国税庁ページをみてみました。

>>http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2014/minkan/

 

H25年度の給与所得合計は「192兆1,498億円」。

もらった人数は「46454000人」。

単純にこれを割ると「 4,136,345,632円」となります。

平均約400万円ってとこですね。

男女込みなので、パート・アルバイトさんも正社員もごっちゃになりますが、

日本の給与所得者においては平均年収400万くらいってところか。

ボーナス無しだと月30万くらい。

 

ここから、税金、保険料が引かれたら家族養うのも厳しい感じ。

子供の将来を考えると、夫婦共働き必須な気がします。

これで消費税アップ、扶養控除廃止とかかなりヤバそう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.