花王 名前の由来

化粧品メーカーの雄「花王」。

社名の由来は、

「女性を花の王様のように美しくすること」

みたいなイメージを持っていましたが違いました(汗)

本当のところは、

「顔を洗う製品をつくっているから」

なんだそうですよ。

まんまでした(笑)

嘘でももうちょっと高尚な由来を作ったほうがいいんじゃ(汗)

 

この花王、最初は「長瀬商店」という名前で明治23年に創業されたそうです。

そして最初の商品が顔を洗う石鹸だったんですね。

なんと当時、顔を洗えるような石鹸がなかったんだそうな。

そしてこの石鹸が「顔石鹸」と呼ばれるようになって、

「顔」に「花王」をあてはめて商品名化、のちに社名になったんだそうです。

 

その他化粧品メーカーの雑学

【資生堂】

創業者「福原有信」さんが四書五経のひとつ「易経」に載っている

「至哉根本 万物資生」というフレーズからつけたんだそうです。

この言葉の意味は、万物が健やかに育つ土壌。

【ライオン】

もと石鹸メーカーでしたが、創業者がアメリカで歯磨き粉が売れてると聞きつけ、

発売するときに「ライオンの牙はどの動物より丈夫だ」ということから名付けられたそうです。

花王 名前の由来

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.