赤ちゃんの吐き気が止まらないときの対処法

赤ちゃん吐き気

嘔吐は体内に入った有害物質を吐き出す自然な現象なので、無理に止めてしまうわけにはいきません。できるだけ汚さないように対処しつつ、赤ちゃんを楽にしてあげられるようフォローしてあげましょう。

赤ちゃんに吐き気があるときは顔を下向きに

赤ちゃんの様子から吐きそうな兆候がみられたらすぐに顔を下に向かせて吐かせてあげましょう。そのほうが楽にしてあげられます。吐き気がつづくなら、吐いたものや回数、それにともなって現れた症状をチェックしておきます。洗面器や新聞紙がそばにあると安心です。衣類が汚れたら、すぐに着替えさせてあげましょう。その匂いが原因でさらに吐き気をもよおしてしまいます。

吐き気があるときの寝かせ方

吐き気が続いているときは横向きかうつ伏せでねかせてあげましょう。仰向けは嘔吐物をつまらせてしまい、窒息させてしまう危険性があります。敷くものは固めのマットがおすすめです。

吐き気があるときの水分補給

吐いてしまったら、脱水症になりやすいので水分補給は鉄則です。ただ吐き気が続いていると水分補給でまた吐いてしまうこともあるので、たいだい30分後くらいからスプーンで少しづつ飲ませてあげましょう。そして1時間くらいの感覚で量を増やしていき、食事はおかゆを食べさせてあげましょう。

水分補給を嫌がるときは?

水分を受け付けない状態は危険な状態です。脱水症を起こしている可能性が高いので、至急病院へ連れて行ってあげましょう。吐き気があるときに下痢気味だったりすると、症状が悪化しやすいので特に要注意です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.