赤ちゃんの便秘解消と綿棒を使った出し方

赤ちゃん便秘解消

赤ちゃんが便秘のときは、食事の量や食べ物を変えることでかなり改善できます。ただ、それでもなかなか便がでなくて苦しんでいるようなら綿棒をつかって浣腸するか病院へ連れて行ってあげることになります。ここでは赤ちゃんが便秘の時の対処方法について紹介しています。

赤ちゃんの便秘解消 水分補給

便秘の原因は便が腸内にずっととどまってしまい、水分が少なくなって固くなることで起こります。まずは水分補給で便を柔らかくすることからはじめましょう。飲ませるものは、白湯と砂糖を混ぜた糖水でOKです。またオレンジやプルーンなど繊維質が多い果汁を足すのも有効です。ほかオススメなのが薬局などで売ってるマルツエキス。これは排便を促してくれるんですが、飲みたがらないようならヨーグルトなどの甘いものに混ぜてあげるといいですね。

赤ちゃん便秘解消 マッサージと体操

便秘には腸のあたりへのマッサージも効果的です。赤ちゃんのヘソの下くらいを”の”の字を描くように手のひらで優しくゆっくりなでてあげましょう。これだけでも大腸は刺激されます。また、おむつを変えるときのやるような動きも効果的です。便秘がちなら両足を曲げたり伸ばしたりする運動を毎日してあげるのがおすすめです。

赤ちゃんの便がかたくて出ない時は綿棒を使った浣腸で

上の方法を試しても便がでないときは、綿棒を使って浣腸してあげましょう。やり方は、綿棒の頭部にオイルを塗って優しく肛門に出し入れしてあげます。出てこないからといっても何度も繰り返すのはNG。もしダメでしたら、市販の子供用グリセリン浣腸を使います。どちらでやるにしても、便が出た場合に汚れないような準備をしてから。新聞紙を引いておくと後始末も楽ですね。

赤ちゃんが便秘の時のオススメの食事

離乳食を始めたばかりだと、おっぱいやミルクなどの水分不足になりがちです。そんなときは、おっぱいやミルクのほか、野菜スープや果汁などで。離乳食を始めて腸内細菌のバランスが変わったことが原因なら、オリゴ糖やヨーグルトで調整します。離乳食になってからだいぶ経ってからの便秘はご飯の量が少ないか消化のいいものばかり与えていることが原因になりがち。繊維質が多い青菜や海藻類、納豆を上手に組み込んでいくことが有効です。

おすすめな幼児食

【さつまいものオレンジ煮】

さつまいもは繊維が豊富で腸の働きを活性化させてくれます。オレンジも便通をよくしてくれるので効果的です。

材料・・・さつまいも2~3cm角1かけ、ベビーフードのオレンジ果汁大さじ2杯
作り方・・・さつまいもをゆでて柔らかくしてからすり潰し、オレンジ果汁で煮ます

【納豆がゆ】

納豆の繊維質とホウレン草で、腸の働きがよくなり便の量も増やしてくれます。

材料・・・ひきわり納豆大さじ1杯、ホウレン草の葉先1枚、おかゆ大さじ3~4杯
作り方・・・ホウレン草を柔らかめにゆででみじん切りにし、ひきわり納豆といっしょにおかゆに入れひと煮します

【プルーンマッシュポテト】

デザートみたいなので口当たりもよく作りやすい幼児食です。

材料・・・プルーン2分の1個、さつまいも8分の1くらい
作り方・・・プルーンをみじん切りにし、柔らかめにゆでます。さつまいももゆでてすり潰しプルーンと混ぜるだけ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.