赤ちゃんの肌トラブル対策

赤ちゃんの肌トラブル対策

大人より繊細な赤ちゃんの肌。それなのに、おむつかぶれや湿疹、あせもなど肌トラブルが起きやすい環境におかれています。なので、できるだけ予防すること、そしてトラブルが起きてしまった後のすばやい対処が大切です。また、赤ちゃんの肌に触れることが多い親の手指を清潔にしておくことも気をつけたいポイントです。

赤ちゃんに肌トラブル 着替えやオムツ替えの頻度アップ

せっかく肌を乾かしたり、薬を塗ったとしても、身に付けるものが湿っていて不衛生なままだと症状は悪化してしまいます。特に首周りや背中、おしりといった汗をかきやすい部分は注意しておきましょう。オムツ替えのとき、おしりは必ず乾かしてからが鉄則です。しばらく放置しておくか、息を吹きかけたりドライヤーで乾かしてあげましょう。

赤ちゃんの肌トラブル シャワーを使って清潔に保つ

シャワーを使って汗を流し、肌を清潔に保つことはとても大事です。とくにお外で遊んだ後、お昼寝後は汗を流しておきたいポイント。ただお湯の温度が高いと痒みを増してしまうので、ぬるま湯でシャワーしてあげましょう。

赤ちゃんの肌トラブル 室温調整で汗対策

肌のかゆみを強める主な原因は、体温の上昇、室内の乾燥、汗をかくことがあげられます。たまに換気したりエアコンの冷暖房や除湿で調整して、赤ちゃんにとって快適な状態にしてあげましょう。

赤ちゃんの肌トラブル 掻いても傷つけないよう爪を短く

かゆいと赤ちゃんは肌を掻きます。いくら「掻いたらダメ」と言い聞かせても無理です。ですので、最初から掻いても良いよう爪を短く整えておきましょう。また、どうしても痒がるときは、体温を下げてあげるのが効果的。薄着にする、冷やしたタオルなどを患部にあててあげると痒みを治める効果があります。それでもかき続けてしまう場合は、患部を布などで覆ってしまいましょう。空気が入りやすい大きめの長袖を着せたり、薄く包帯を巻いてあげるのがおすすめです。なお、肌着は綿100%のものを選びましょう。洗濯の濯ぎもしっかりと。柔軟剤は赤ちゃんに肌トラブルがないか様子見しながら使いましょう。

薬の使い方は正確に

家電などは説明書を読まずに使ってしまう人も多いと思いますが、お薬でそれは絶対にNGです。お医者さんに指示されたとおりに使う、説明書どおりに使うことが絶対です。そして、使う前に大人の肌で試し塗りしてから使ってあげましょう。実際に塗るときは、赤ちゃんの肌を清潔にしてから。たくさん塗れば効き目が大きくなるものではないので、少量を薄く塗ってあげましょう。

感染するタイプの病気の場合

「とびひ」などは感染力が強いので、家族でタオルなどを共用しないようにします。症状がひどいならおなじ湯に浸かることもやめ、シャワーだけで済ませます。体を洗うときは、刺激が少なく殺菌力高めな石鹸がおすすめです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.