赤ちゃんが痙攣を起こした時の対処法

赤ちゃん痙攣

ママパパをびっくりさせる赤ちゃんの痙攣。いろいろな原因がありますが、焦って押さえつけたり揺すったりするのはNG。一度落ち着いて、赤ちゃん全身の様子をみたり、痙攣が続いている時間を測るなどして、病院で診断を受ける時の情報収集をしましょう。

赤ちゃんの痙攣対処法その1 まずは安静に

最初に衣服の締め付けをゆるめます。体を締め付けているものを全部ゆるめ、嘔吐したときのどに詰まらせないよう横向きに寝かせます。つまらないよう口に何か入れる必要はありません。

赤ちゃんの痙攣対処法その2 痙攣時間の計測

痙攣が起きたら、その継続時間を測ります。熱性けいれんの場合は5~10分くらいでおさまります。10分以上続いているときや短い時間で何回も繰り返すようならすぐ病院へ連れて行きましょう。

赤ちゃんの痙攣対処法その3 熱の計測

病院に連れて行くほどでない場合は、おさまったあとに体温計測をします。熱があったら熱性けいれんの可能性が高いので熱がでたときの対処法(⇒赤ちゃんに熱がでたときの対処法)で応急処置をしましょう。

はじめての痙攣の場合

熱があるときの痙攣は、発作後睡眠といっておさまってから眠ってしまいます。ただ、おだやかに眠っているからといって放置せず、はじめての場合だけは病院に連れて行ってあげましょう。なぜ痙攣が起きたかの原因追求はしておく必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.