アレルギーの仕組み

アレルギーの仕組み

アレルギーとはどんなもの?

ウイルスやバイ菌から体を守ってくれる免疫。この免疫が必ずいい方に働くとは限りません。免疫システムのメイン的な存在である白血球。白血球は人体に入り込んだ異物を攻撃することが役割です。ただ、攻撃が過剰になる場合があります。そうなると逆に健康が害されてしまうことも。また、入り込んが異物がそれほど脅威じゃない場合でも白血球が過剰反応してしまうと、今度は健全な細胞なども傷つけてしまうことがあります。

このように、免疫が過剰に反応して正常な細胞を壊してしまう症状のことをアレルギーといいます。

アレルギー反応の仕組み

アレルギーを引き起こす食べ物、物質をアレルゲンといいます。主なものに動物の毛、埃、花粉などがあげられます。このアレルゲンが体の中に入ると、リンパ球のB細胞でアレルゲンに対抗する抗体が生み出されます。そして肥満細胞というものにくっつきます。その後、肥満細胞から化学伝達物質が血液中に流れでてアレルギー反応が起こってしまいます。化学伝達物質の代表的なものにヒスタミンがあり、これは毛細血管を広げたり、気管支の収縮、血圧アップ、かゆみなどを発生させてしまうやっかいな物質。たくさん出てくることで鼻水、かゆみ、喘息、充血などのアレルギー反応となります。

本来からだを守ってくれる免疫に攻撃されてしまうのは怖いですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.