万歳三唱のやり方

万歳三唱は万歳と三回繰り返すだけなんですが、やり方を間違っている人も多いみたいです。

正しくは、両手の手のひらを内側に向けて上に上げます。
手のひらを正面に向けるのは「お手上げ」「降参」という意味になってしまいます。

選挙速報では当選者が支援者とともに涙を流しながらバンザイしている様子が放映されています。でもほとんどが手のひらを正面に向けてやっているんですよね。要するにみんな「降参!」と言っていることになります(笑)
ちなみにスピーチはこんな感じで。

「ただ今ご紹介いただきました○○でございます。万歳三唱の発声を仰せつかりましたので、甚だ僭越ではありますが、万歳参照の音頭をとらせて頂きます。私の万歳につづいてご唱和くださいませ。それでは、(祝福の言葉などをはさんで)、万歳!万歳!万歳!。ありがとうございました」

 

万歳三唱の歴史

日本最古の万歳は、794年、桓武天皇が平安遷都したときが初めと言われています。そのときは中国の故事に沿って唱えたようです。この時代では、中国の発音で「バンゼイ」といい、みんなで声を揃えて言うだけのさみしい感じだったらしい。今ある手を挙げる方式は明治時代からと言われています。
明治22年の憲法発布の日に式典で万歳三唱が考案されたのがはじまり。最初は「めでたい」と言うはずだったのが、偉そうだからってことで「奉賀」に。だったんですが、これも「阿呆が」に聞こえるため、故事から「バンザイ」という発音に変わりました。

よくあるこれは「参った、降参!」の意味。

万歳三唱のやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.