ジェネリック医薬品の副作用

ジェネリック医薬品副作用

郵送されてきた協会けんぽだよりに載ってた「ジェネリック医薬品」。そういえば昔、黒柳徹子がCMで「ジェネリックゥ~」とか言ってたっけ。というわけでこのよくわからない言葉を調べてみました。

ジェネリック医薬品とは?

後発医薬品のこと。先発医薬品(今までの薬)と同等の有効成分や効能があると厚生労働省が認めた安価な薬です。ただ、すべての先発医薬品にジェネリック医薬品があるわけじゃないみたいです。

 

消費者側からしたら「高いお薬が安くなってハッピーハッピー♪」になるんですが、そこはやはり価格の安さもあって、完全に同じ症状改善効果がでないこともあるらしいですね。基本は同じ成分や添加物、製造工程をふんでるみたいですが、特許などが関わってくると違う方法になるみたいです。どうしても嫌なら医師や薬剤師にジェネリック医薬品使わないで、と伝えるしかないです。安かろう悪かろうってことは無いんでしょうけど、副作用に対する不安はなくなりません。

そもそもお国と医療業界は仲良しでお互い利益になることしかしないと思うんだけど、なぜ安い薬なんてものを出してきたんだろう?きっとどこかで儲かってるんだろうなぁと思ってしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.