インフルエンザワクチンの値段と正しい手洗いうがいマスクの付け方

インフルエンザワクチンの値段と正しい手洗いうがいマスクの付け方

急に寒くなりました。おまけに冬は乾燥してウイルス感染しやすいシーズンです。風邪ひいたら長引きそうですね。今年はインフルエンザ大流行といったニュースは聞きませんけど、全く無い訳じゃないですからね。予防接種はおおよそ10月~11月頃実施するところが多いようですが、今からでも遅くないので忘れずに!なんですが、今年はこのインフルエンザワクチンの価格が少し上がったみたいです。

インフルエンザワクチンの価格

今まで3000円程度だったのが今年は3500円とけっこう値上がりしています。理由は従来のワクチンにはA型インフルエンザ2種類、B型インフルエンザ1種類の合計3種類に対応した抗原が含まれていたんですが、それが1種類増えて4種類になったから。B型の抗原が1種類増えてるそうです。B型インフルエンザってA型ほど強力じゃないんですが(といってもかかったら大変なことに変わりないけど)、かかればひどい目に会うことに違いないのでワクチンの守備範囲拡大は助かります。

インフルエンザ予防のためにしたいこと

基本は「うがい」「手洗い」「マスク」の3つ。この中で一番重要なのは手洗いです。私自身くしゃみなどの飛沫感染が一番だと思ってたんですけどね。なんと自分の手から感染するケースが一番多いそうです。手すりやいろんな機器のボタンなどいろいろな人が触れるところから感染するそうです。あと薬用石鹸などでウイスルは殺せないそうです。細菌を殺すだけなので水でウイルスを洗い流すことが手洗いの目的になります。ウイルスを殺すにはアルコールでの消毒が必要です。あと固形石鹸も手すりやボタン類と同じく感染源になっちゃうんだそうな(汗)。

手洗いのやり方

洗い残しが多い部分、「利き手」「指先」「指の間」「手の甲」の4箇所を重点的に洗い流すようにしましょう。2度洗いやお湯で洗うのも効果的です。洗える環境がないときはアルコール消毒で。

うがいのやり方

うがいはうがい薬を使うより、水で何回もするほうが効果的。手洗いと同じ理屈ですね。洗い流すことが肝心です。あとヨード系のうがい薬は喉の粘膜を傷つける可能性もあるので気をつけたほうがいいようです。

マスクの付け方

けっこう付け方間違ってる人多いみたいですよ。マスクの正しい付け方はゴム接着部分が外側にくるように、プリーツが下向きになるように付けるのが正解です。間違ってると隙間やプリーツの中にウイルスがたまりやすいそうです。こわいですね~。せっかくマスクしてても逆効果になりかねません。あと、マスク外すときは手にウイルスが付着する可能性が高いので、マスク捨てる→手洗い、の順で。