カバの汗はピンク色

陸に上がってる時間が短いカバ。
カバの汗はピンク色をしている、というのは最近知られてきてる印象があります。

カバの汗はピンク色

正直、ピンクの汗を流していると聞いて気持ち悪く感じてしまったのですが、
この雑学には2つ嘘があるんだそうです。

1つは、このピンクの汗、これは汗ではないんだそうです。
カバに汗腺はないので汗をかきません。
この液体は皮膚の乾燥を防ぐのと、日光や外部刺激から守るためのモノらしい。

2つは、この液体は最初からピンクではなく、
含まれている成分が空気に触れることで酸化してピンクになるらしいです。

 

その他カバの雑学

・カバの漢字表記は「河馬」。英語では「ヒポポタマス」。語源はラテン語の「河に棲む馬」という意味だそうです。
・カバの肉は食べられないことはないみたいですが、あらゆる動物の中でも一番マズイ肉なんだそうです。
・古代のエジプトで”一瞬”という言葉は、「カバが顔を上げて周りを警戒するくらいの時間」という基準だったらしい。長い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.