ミュージカルの楽しみ方と初心者におすすめな作品について

ミュージカルとは?楽しみ方と初心者におすすめな作品について

最近時間が出来てきたので、前々から見てみたかったミュージカルを見まくってやろう!というわけで、個人的に調べてみたことをまとめています。興味はあるけどよくわからないという人が興味を持つきっかけになれたら幸いです。

スポンサードリンク

ミュージカルとはどんなもの?

ミュージカルは演劇と踊りを融合させたもの。起源は17世紀に王族、貴族、教会のために生まれたオペラ。ここからコメディー色豊かにしたオペレッタというものが生まれ、さらにエンターテイメント性を加えたものがミュージカルです。使われる音楽はロックからクラシックまでなんでもあり。形式にとらわれない自由さがミュージカルの魅力といえます。世界初のミュージカルは18世紀のロンドンで公演された「ベガーズ・オペラ」という作品です。

ミュージカルの本場

ミュージカルの本場はイギリスのロンドンとアメリカのニューヨーク。知名度的にはニューヨークのブロードウェイが勝っています。これらのほか、日本や韓国、オーストラリアが盛んです。

ミュージカル初心者におすすめなジャンルや選び方

慣れてない人は突然歌い出すミュージカルに違和感を感じるかもしれません。そういう人はセリフがすべて歌で展開される作品がおすすめ。定番作品は「レ・ミゼラブル」「オペラ座の怪人」など。笑い重視ならコメディー色強めのもの、踊り好きならパフォーマンス重視のもの、ほか、歴史、ヒューマンドラマというようにいろんなジャンルが揃っているので、普段好んでみている本や映画、アニメなどのジャンルに沿った作品を選ぶのがおすすめ。映画好きなら、映画化されている「シカゴ」「サウンド・オブ・ミュージック」から入っていくのもいいですね。

劇場で気をつけたいポイントは?

チケット購入時の席選びは、1階7~9列目センター周辺が俳優の表情もわかりやすくベストと言われています。これは作品やその人の嗜好によって違ってきますが、基本的にはここがいいんだそうです。俳優のファンなら顔がよく見える最前列が一番いいでしょうね。基本的なマナーは、携帯電源をOFF、撮影しない、しゃべらないなど。香りの強い香水もマナー違反です。

演劇中は「ブラボー!」などの声掛けもありですが、日本ではあまりないようです。ただラストのカーテンコールではスタンディングオベーションとあたたかい拍手で演者に感動を使えてあげたいですね。

ミュージカルの初日と千秋楽のお楽しみポイント

初日や千秋楽は、上演後カーテンコールで俳優や演出家などが舞台に登場することが多いです。海外作品だと初日に作曲家が来日することも。演じる側にとっても特別な日なので、会場に足を運ぶときは自分も参加者になった気分で普段よりおしゃれな服装で行くとさらに華やかさが増して完成度が高まるでしょう。

ミュージカルとほかのエンタメとの違いは?

ミュージカル一番のポイントは生であること、そして全編音楽漬けなところ。ストーリー、音楽、衣装、ダンスが交わることでよりダイナミックなものになります。「ライオンキング」などがわかりやすい例。この作品なら音楽や衣装も個性的でお子様にもわかりやすいです。

ミュージカルのおすすめ劇場

【帝国劇場】
1897席 03-3213-7221 東京都千代田区丸の内3-1-1

【JR東日本アートセンター四季劇場「春」「秋」】
春:1255席 秋:907席 030-5776-6730 東京都港区海岸1-10-48

【日生劇場】
1330席 03-3503-3111 東京都千代田区有楽町1-1-1

【東急シアターオーブ】
1972席 03-3477-9111 東京都渋谷区渋谷2-21-1渋谷ヒカリエ11~16階

【梅田芸術劇場】
大阪市北区茶屋町19-1
メイン:1905席 06-6377-3800
シアター・ドラマシティ:898席 06-6377-3888

おすすめのミュージカル人気作品

レ・ミゼラブル

パン一切れの盗みから始まるパリジャンの数奇な運命と彼を取り巻く人々の偶像劇。革命で揺れ動くフランス社会と人々を背景に「人はなんのために生きるのか?」を問い、神の教えに基づく真実の愛を貫く生き様を描いています。

全編音楽でつづられる作品。大勢の登場人物が高らかに歌うシーンが大迫力。

ライオンキング

動物たちの王であるライオンのムファサが殺され、息子のシンバが国を追放される。故郷を追われたシンバが多くの試練を乗り越え成長する様を描く作品。

マスクや操り人形を使った新しい演出がみどころ。

オペラ座の怪人

19世紀のパリ、オペラ座の地下に住む怪人が愛するソプラノ歌手の女性に歌を指導。が、女性にはお笹馴染みの恋人がいて・・・。

オペラ座地下の地底湖やシャンデリアなど豪華なセットが見どころ。

サウンド・オブ・ミュージック

時代は1938年オーストリア。7人兄弟がいるトラップ家の家庭教師をしているマリアは子供達の父親と結婚する。そしてナチスに支配された国から家族で亡命する。

誰もが知る歌が満載。過酷な時代を描く重厚なドラマが魅力の作品。

アラジン

神秘の都アグラバーに住む青年が3つの願いを叶えてくれるランプ魔神ジーニーの主人となる。そして王女との恋、ランプを狙う大臣との戦いが繰り広げられる。

舞台の豪華さがウリ。冒頭の大人数でのパフォーマンスや魔法の絨毯で飛ぶシーンが見どころです。

シカゴ

浮気相手を殺した元コーラスガールのロキシー・ハートと、夫と妹を殺した歌姫ヴェルマがショービジネス界でのし上がっていくストーリー。

鬼才、ボブ・フォッシーが振りつけた個性的でゴージャスなダンスが見どころ。

ジキル&ハイド

1888年のロンドン。青年医師ジキルは薬で邪悪な別人格ハイドを宿すことになる。次第にハイドを制御しきれなくなって次々と殺人事件を起こすようになる。

2つの人格が入れ替わるシーンを一人の俳優が演じ分けるところが見どころです。

ミス・サイゴン

ベトナム戦争末期のサイゴンで一夜をともにしたアメリカ兵とベトナムの少女キム。その後帰国した彼との最下位を望むキムを悲劇が襲う。

実物大のヘリコプターやキャデラックが登場するなど、リアリティあふれる演出が大きな見どころです。

ラ・マンチャの男

16世紀スペイン。獄中の詩人が自らをドン・キホーテと思い込む田舎の老人を演じる即興劇を始める。

要所要所で歌われる「見果てぬ夢」と、格調高いセリフに注目。

トップ・ハット

ミュージカルスターのジェリーがロンドンで出会った美しいモデル、ディルに一目惚れ。2人のちょっとした行き違いから波乱の恋が展開するラブコメディー。

ダンスの神さまといわれるフレッド・アステアのエンタメ性抜群のダンスが見どころ。チームワークのとれたダンスシーンに注目です。