NHK 受信料拒否

NHKの受信料拒否してた人がNHKから訴えられてた裁判での判決が下されました。
NHK 受信料拒否

裁判所の見解
「放送法は受信設備を設置したものから一律に受信料を徴収することを認めている。
契約書を交わしていなくても裁判所の判決をもって放送受信契約が成立する」

ということで、今後受信料拒否ってた人は払わないと行けない方向になるのかもしれません。
でも、「受信設備を設置したもの」ってテレビにかぎらず、
アンテナだけでもひっかかりそうな言い方ですね(汗)

それならアンテナ設置した不動産管理人に請求すればいいんじゃ?
どのみち家賃に反映されるけど。

なんにしても払わないのが当たり前みたいな風潮になってるからなぁ。
あ、私はちゃんと払ってますよ。
NHK見てないけどね。
チャンネル変えるときにチラッと映るくらいです。

NHKの番組って朝ドラとか大河ドラマのイメージしか無いんですよね。
あと紅白か。
興味ないのが痛い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.