高血圧予防法 食事や運動など生活習慣を見直そう

高血圧予防法食事運動

高血圧は自分でも知らない内に心筋梗塞や脳梗塞を発症させてしまう怖い病気。病院で検査してもわからない症状もあるのでさらに注意が必要です。ここではそんな恐ろしい病気「高血圧」の予防法について紹介しています。

高血圧予防法 運動で血管年齢を若返らせる

有酸素運動をすることで血管を若返らせることができます。人の体には血圧を上がり過ぎないようにコントロールしてくれる血管内皮細胞というものがあります。これは、年齢を重ねるごとに弱っていってしまいます。これが高血圧の原因の1つでもあるんですが、運動、とくに有酸素運動をすることで若返ることがわかっています。おすすめな運動はウォーキングや水泳。有酸素運動すると血流が早くなり血液が全身をめぐります。すると血管内皮細胞が刺激されて鍛えられるんです。ある実験では3ヶ月運動を続けた結果血管年齢が30歳若返った例も報告されています。

高血圧予防法 塩分の制限

塩分の摂り過ぎは血圧を高くしてしまいます。ので、理想としては一日の食塩摂取量を6g未満にすることがいいんだそうです。ただ、外食やコンビニで済ませていると簡単にオーバーしてしまいがち。できるだけ自炊して薄味なものを食べるのが理想です。味が薄く物足りなく感じる場合は、出汁を多めに取るなど塩を使わない方法で味付けをしていきましょう。

高血圧予防法 食事に野菜や果物を

高血圧の原因になる塩分を排出してくれるカリウムや、ビタミン類が豊富な野菜・果物は意識して食べるようにしましょう。自炊できないとしても、野菜が多めなメニューを選ぶなどするだけでも、飽和脂肪酸やコレステロール摂取を抑えることができるのでかなり違ってきます。

高血圧予防法 飲酒と喫煙を控える

アルコールや喫煙も血圧を高くする原因です。飲酒は1日あたり男性で20~30ml以下、女性は10~20ml以下にするのが理想です。ほとんど飲まないってことですね。喫煙も血管を収縮させてしまうので、長い目で見れば動脈硬化促進の原因になります。吸っていても健康にいいことは何もありません。病は気からといわれますが、喫煙で気分良くなるのは一種の麻薬みたいなものでただの依存症でしかありません。勘違いや甘えは捨てましょう。

 

ほとんどの病気は生活習慣の乱れが原因にだったりします。高血圧も同様で、予防するには食事や運動など生活習慣の乱れを直していくことになります。ダイエットも同じですね。予防する、というのは地道なことを継続していくことでしかできないんですよね。意識、習慣を変えていかないかぎり、お医者さんをますますお金持ちにしてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.