成分表に糖質が書いてないのは?

成分表の糖質が書いてないのは?

 

市販加工食品の成分表にはなんで糖分の量がかいてないんでしょう。
これだけ糖尿病大流行してるんですから、表記しないのはおかしい。

と思って検索してみたら、
YAHOO知恵袋にはこんな回答が。

成分表示があるなら、糖質か炭水化物として書いてあるはずですよ。
糖質で書いてないなら炭水化物で見たらいいと思います。

まぁ炭水化物のでんぷん質が糖分になるのはわかるとしても、
普通に糖分とわかるように書いてほしいなぁなんて思います。

 

あと糖質の公式も発見したので書いておきます。

糖質=炭水化物ー食物繊維

というわけで炭水化物≒糖質ってことでいいってことですね。

 

WHOっていう機関が
「糖類の摂取量は一日のエネルギー摂取量の5%未満」
と提唱してますが、
糖類=砂糖やシロップのことで糖分全体のことではないみたい。
ぶっちゃけ砂糖以外で糖分摂取するほうが多いよね(汗)

 

そして糖分の成分表記については、
日本には試算する基準がないらしい。

えー?!マジですか?
早く決めましょうよ!

と思ったら、2015年度には文科省が糖分含有量の記載を始めると言ってるらしい。
今年中にはコンビニの商品とかにも糖分量が記載されるようになるのかな。

2015年も半分以上過ぎてて怪しい感じしますが、期待しておきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.