洗濯方法 上手な洗い方は?

洗濯方法 上手な洗い方は?

毎日の洗濯。雨の日だと生乾きになってカビ臭くなったり、脱水しすぎてシワシワになったりと大変です。そこできれいに洗濯する方法について調べてみました。きれいさにこだわっているため、コストは非考慮です。

洗濯に愛情を注ぐ

料理と同じく、洗濯にも愛情を注ぐ=ひと手間かけてあげるだけで仕上がりが断然きれいになります。そのためにやりたいことをピックアップしていきます。

洗濯機+α

衣類を洗濯機に入れる前にやるひと手間のことをプレケアといいます。シャツの襟汚れなら洗顔石鹸をつけてブラッシングしてから洗う、食べ物の油汚れは台所洗剤でその部分を揉んでおくなどです。プレケア用の洗剤もいろいろ発売されているので状況に応じて用意しておくと便利です。

衣類の白さを維持する

白いシャツをせっかく洗っても黄ばみがとれなかったりなど、誰もが経験するこの状況。黄ばみの原因は衣類に残った汚れなどが酸化するためです。対策としては、60度のお湯で10分洗い、お湯で2分すすぎ、その後水ですすぐという手順。日本では昔から煮洗いという方法がとられていたそうです。またコットン製の白いものだけで洗うのもポイントになります。

洗濯するときはお湯を使う

洗濯はお湯で

洗うには断然お湯が有利です。人の皮脂が溶けるのは37度。そのため、40度以上のお湯だと効果バツグンなのと、洗剤の酵素が活性化する温度でもあります。衣類が縮みそうな気がしますが、そんなことはないそうです。ただ、濃い色のものやゴム入りのものは低い温度で選択したほうがいいそうです。

ウール素材は手押し洗いで

ウールが縮むのは濡れると開くスケール(鱗片)がもみ洗いによってからむから。ですのでウールのニットなど洗うときは揉まずに優しく押しながら洗うことが大事です。使う洗剤は中性洗剤。これで押し洗いしてからすすぎ、30秒くらい脱水→平干し→乾燥機に20分くらいがおすすめです。とはいっても新品のころはドライクリーニングに出すのがベストです。あくまえ着古してからですね。

家での洗濯とクリーニング

クリーニングに依頼すべきものは、コート、ジャケット、毛皮、皮革、シルクなど。スラックスやスカートもアイロンがけが条件になるのでクリーニングのほうがおすすめです。シルクを家で選択すると、ツヤがなくなったりシワができたりします。ただ、白物をくすんだ仕上がりにするクリーニング店もあるので事前チェックはかかせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.