糖尿病とはどんな病気?インスリンやブドウ糖との関係

糖尿病とはどんな病気

知らず知らずのうちに悪化してしまう糖尿病。検査ではわからない隠れ糖尿病もある怖い病気です。この病気を放置しておくといろいろな合併症を引き起こしてしまいます。網膜の血流が悪くなって視力低下や失明を引き起こす「網膜症」、腎臓の毛細血管に負担がかかり人工透析が必要になる「腎症」、血液の流れが悪くなり足などが腐ってしまうことで最悪切断しなければならなくなる「壊疽」。これらは3大合併症と呼ばれています。ここではそんな恐ろしい合併症を引き起こす糖尿病のメカニズムについて解説しています。

スポンサードリンク

糖尿病の仕組み

人体のエネルギー源「ブドウ糖」

人の体を動かすエネルギーになるのがブドウ糖。食べ物に含まれている糖質が消化されるとブドウ糖になり、腸で吸収されます。その後血液に入り全身へと運ばれ、各部位の細胞にエネルギーとして使われています。

ブドウ糖を取り込むホルモン「インスリン」

血液に混じっているブドウ糖は、そのままでは細胞に入り込むことはできません。そこで活躍してくれるのがホルモンの一種「インスリン」とたんぱく質「グルット4」。インスリンはブドウ糖を細胞まで運ぶお手伝いをしてくれます。グルット4はインスリンから連絡を受けたのち、ブドウ糖を細胞内に取り込む働きがあります。ちなみに、インスリンはすい臓のランゲルハンス島というところで作られています。

血糖値上昇の原因

健常な人だとインスリンが血液中に増えた糖をはこんでくれます。ただ、隠れ糖尿病の人だと血糖値が大きく上昇してしまってからしかインスリンがでないようになっています。火が出て燃え広がってから対処する感じですね。(※隠れ糖尿病はブドウ糖負荷試験を受診すれば診断可能です)

内臓脂肪がもたらす悪影響

食べ過ぎて無駄にエネルギーを摂取すると、消費しきれず内臓脂肪になっていきます。この内臓脂肪は、血糖値を見張っていてくれるインスリンの働きを邪魔する「阻害物質」を生み出してしまいます。こうなるとインスリンは仕事ができなくなり連絡がもらえないグルット4も働かないため血糖値が上昇しつづけてしまいます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.